快適な職場はスチールパーテーションで創ろう

働き方改革が世の中で広く必要性に迫られるようになり、さまざまな施策が行われていると思いますが、その中でもオフィスの在り方を変えることで働き方も改善していこうという取り組みも多いようです。オフィスの快適性やレイアウトの良し悪しは実際に仕事の能率に大きく影響を及ぼす事が分かっており、毎日多くの人が長時間過ごす場所だからこそみんなにとっていい運用を考える事は重要な課題です。最近は部署などの垣根を越えたコミュニケーションを図るためにオープンオフィスが主流となっており、仕切りのない職場が増えています。この開放感は視野が広くなり連携を取りやすくなる一方で、いつも誰かから見られていたり話しかけられたりするという悪い点もあり、デメリットも分かっています。

職場でブースの必要性を考えよう

オープンなオフィスの中で、皆が仕事に集中出来ないと思っているのであればリニューアルなどの施策が必要になるでしょう。まずは実態を調査する事から始めると良いです。例えばどこにあるどのスペースがどのようにどの程度使用されているかを定量調査したり、皆から使い勝手について意見を集めたりします。それによって何が職場の課題となっているか見えてくるはずです。多く挙がりやすいのはこもれる場所が少ないという意見です。一人で集中できる場所や機密情報を扱う打ち合わせはこもれるブースがあると便利です。会議室や個室はなかなか気軽に追加出来ませんが、ブースであればスチールパーテーションで楽に作れます。スチールパーテーションを使って快適な職場づくりを進めてみてはいかがでしょうか。

スチールパーテーションでのブースの作り方

ブースを作ることになったら必要なサイズを考えます。何人で使う想定なのか、中に置くテーブルや椅子の数やサイズがどの程度かなどによって自ずと必要なサイズ感を把握できるはずです。そして4面を囲って閉鎖感の強いブースにしたいのか、3面だけを囲ってセミクローズドな空間にするのか、あるいは一方向だけ視線を遮る最低限の仕切りで十分なのかといった遮蔽度を決めます。サイズや囲む面の数が決まったら、パーテーションを組み合わせてそのサイズに仕上げます。幅や高さなど様々な種類があり連結して使えるため、間違えないよう計算を何度か確かめると安全です。さらにスライドレールでドアを取り付けたり部分的にガラスの窓をはめ込む事も出来ますので、特に打ち合わせブースの場合にはそのような工夫も考えると良いです。