職場のリニューアルにふさわしいスチールパーテーションの見つけ方

働き方改革などが盛んに進められる昨今、職場のリニューアルをして働き方を変えていこうという取り組みをされる企業も多いのではないでしょうか。実際にオフィスの在り方は働き方に良くも悪くも大きく影響を与えるため、変更する事で効果が表れるのを期待できるかもしれません。最近では部署などの垣根を超えたコミュニケーションの重要性が謳われた結果として、仕切りのないオープンオフィスが多く主流となっています。しかし実はこの開放的な空間は、縦横の繋がりを深める事には成功しやすい一方でプライバシーを確保できなくなるという弊害もあるのです。会社ではプライバシーが必要ないと思われがちですが、誰かに見られていたり聞かれていたりいつもオープンな場所にいると能率が下がる仕事もあります。

リニューアルではブースの必要性を考えよう

職場をリニューアルする時には、レイアウト計画を考えることから始めます。どの場所がどのようにどの程度の頻度で使用されているかを一定期間調べてみれば、本当に必要なスペースが見えてきます。また社員達を対象にざっくばらんな座談会を開き、職場の改善案を出し合うのも有効な手法です。そのようにして現状を把握すると、クローズドな会議室の不足であったり集中して作業を行える場所が無いことなどに気が付くケースが多いです。会議室や個室は簡単に追加する事は出来ないのですが、同じようにこもれる場所としてブース形状のスペースがあります。このブースはスチールパーテーションで簡単に作ることが出来るため、検討してみると良いでしょう。きっと使いやすいスペースとして重宝されることになるはずです。

スチールパーテーションでのブースの作り方

ブースが必要だと分かれば、スチールパーテーションを選びます。幅や高さなど様々なサイズがあり、横方向に連結して使用出来るものが多いですので、作りたいブースのサイズ感やそこに入る人数をイメージしながらサイズ選びをしていくと良いです。ブースは用途や設置する場所によって、4面を完全に囲って閉鎖的な空間を作ることも出来ますし、3面を囲んでセミクローズドなブースにする事も出来ます。また視界を遮りたい一方向のみパーテーションを立てる方法もあり、これだと全体の開放的な雰囲気を保ちやすいです。さらにスライドレールでドアを取り付けることができたり、ガラス窓を部分的に設置する事も可能ですので、打ち合わせブースの場合には必要に応じてそういった工夫を施すとより使いやすくなるはずです。