賃貸の家賃交渉がしやすい時期

賃貸の安い時期とは

可能

賃貸物件で安い時期はあるのか

賃貸物件を契約する際に入居者が最もお得に借りれる時期があるかというと基本的に家賃は1年中変わらず、いつの時期でも安い時期は発生しないと考えた方が良いでしょう。しかし、引っ越しシーズンが重なる春や秋のピークを過ぎたあたりからオーナーにとっては空室をなんとかしたいという考えの人も少なくなく、条件に合えば家賃を下げたり、初期費用を抑える交渉に柔軟に対応してくれる確率が高い時期でもあります。人気物件が少なくなっている時期でもありますが、中にはキャンセルが出て思わぬ良い賃貸物件で好条件で交渉できる可能性もあるので時期を見て探せる人は試してみるのも良いでしょう。

知っておきたい安い時期

賃貸物件を選ぶなら、安い時期に契約をすると、得をするということを覚えておきましょう。そもそもハイシーズンは人の流れが活発な時期、つまり人事異動などかある9月、10月と新生活の始まる3月、4月がハイシーズンです。そのため、オフシーズンへ慌ただしくなる12月、5月、梅雨の6月、といったところになります。特に5月は各不動産会社でかなりの賃貸契約が決まった後ですので、敷金礼金が値下がりしたり、家賃が値下がりしたり、ということが起こります。タイミングはいつでもいい、という人はきになる物件をかなりの数チェックしておいて、安くなった物件と契約する、あるいは交渉するという方法があります。

↑PAGE TOP