賃貸名義の変更は原則不可

賃貸名義人の変更は

可能

賃貸の名義変更について

賃貸の名義変更は、不動産屋や大家さんによって料金が変わります。また、大家さん次第ですが、親族間の変更や世帯主の変更による変更であれば、認められることがありますが、赤の他人の場合には、再契約という形になることが多いです。変更する場合には、契約者の審査や連帯保証人の審査、契約書の作成などを最初からやり直すことになります。その際、礼金の請求や仲介業者への仲介手数料を請求されることもあります。賃貸契約については、一般的に名義変更というものはないため、現在入居している人が退去する場合には、一旦解約して、同居者が新契約者として契約を結び形が理想的です。

物件の名義変更について

賃貸物件へ入居をする際には、その物件の賃借人と入居者の間で契約を結ぶことになります。そのため、何らかの事情によって契約はそのままに入居者だけが変わるということは原則としてあってはならないことになります。しかし、賃貸物件にファミリーとして複数の人が共に生活をしているようなケースでは、賃借人と交渉の上で名義変更が認められることもあります。ただし、全くの赤の他人が元の入居者に代わって生活を始めるということは明らかに契約に違反していることになり、退去を命じられたとしてもそのことを拒否することはできません。

↑PAGE TOP